Vol.166 『酢』の効果について

10月に入ってから、過ごしやすくなりましたね。でも、涼しくなったので少し油断してしまうのでしょうか?食中毒事件が目立っているようです。また、これからはノロウイルスによる食中毒も発生する季節です。まな板・包丁など調理器具の洗浄はしっかり行ないましょう!


◆◇『酢』の効果について◆◇
皆様は『酢』にどのような印象がありますか?「体に良い」「食中毒予防に効果がある」「掃除に使える」「洗濯に使える」等々・・・。衣食住に役立つ万能選手のような存在ですが、「酢」の効果っていったい・・・?

◎ 体に良い! ◎
その① 疲労回復に
→疲れの原因となる乳酸を分解して、体内に蓄積されるのを防いだり、糖をエネルギーに変えてくれる働きがありますので、疲労回復に有効!

その② ビタミンCの破壊を防ぐ
→ビタミンCは酸素や食品中の酵素によって破壊されやすいのですが、酢はビタミンCの分解を防ぐ効果があります。例えば、大根おろしに酢を少量加えておくと、ビタミンCを守ってくれ、味が落ちるのを防いでくれます!

◎ 汚れを落す! ◎
アルカリ性の汚れ(石鹸カス、水アカなど)は酸性で中和することが出来ますね。
例えば、窓拭きをするなら、ぬるま湯5:酢1で薄めた液を使うと汚れが落ちやすくなりますし、水道水に含まれるカルシウム分が付着した鍋などは、クエン酸を水に溶かして1時間ほど放置してから、スポンジで軽く擦るときれいになりますよ。


☆「酢」の効果に着目して・・・☆
サラヤ株式会社様より、過酢酸製剤ビネサイドが発売されております。
ビネサイドとは、芽胞菌にも有効で、除菌作用が有機物の影響を受けにくい強力な除菌剤です!厨房・食品工場の定期的な除菌洗浄にオススメです!!

興味のある方は、フリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください!
フリーダイヤル : 0120-842-581
フリーファックス : 0120-842-860


☆自慢のレシピ☆
今回は老人ホーム様からの自慢のレシピです!

◎ 小芋まんじゅう ◎
材料 (1人前:g)

  • 冷凍小芋 100
  • 鶏ミンチ 40
  • 土生姜 2.5
  • 人参 5
  • みつば 3
  • 片栗粉 10
  • 揚げ油 適宜
  • 濃口醤油 適宜
  • 酒 適宜
  • みりん 適宜

【わさびあん】

  • 淡口醤油 5cc
  • みりん 5cc
  • だし汁 60cc
  • 片栗粉 1.6g
  • 粉わさび 少々

<作り方>

  1. 小芋は茹でてつぶす。
  2. 鶏ミンチは濃口醤油、酒、みりん、土生姜の絞り汁で下味をつけて炒めておく。
  3. 1.2.とあわせて1人1個に丸めて片栗粉をつけて油で揚げる。
  4. 千切りしたゆで人参と三つ葉を飾り上からわさびあんをかける。

投稿者コメント: 簡単な調理法の割にはボリュームのあるメニューです。 小さいスプーンを添えると食べやすく、わさび入りあんがポイントです。

★自慢のレシピを送ってくださった皆様、本当に有難うございます!
★引き続き自慢のレシピを募集しております。

[print_link]




バックナンバーはこちら

« »