Vol.161 泡洗浄について

梅雨明けをして夏本番ですが、早くも夏バテ気味~なんてことはないですか? 事務所は涼しいけど、厨房の中は湿度が高いし、外は暑いし・・・。体調を崩しやすいので、快食快眠しっかりと体力をつけて、夏を思いっきり楽しみましょうね。


◆泡洗浄について◆
皆様の厨房で「面倒だな・・・」と感じてしまうことの一つに、床や壁の洗浄が挙げられませんか?水を流すだけでは落ちない油汚れなど、どうしたら楽になるのでしょう?そこで今回は注目されている『泡洗浄』について考えてみました。

★床や壁を洗浄するのはどうして?
床や壁を清潔にすることは、食材の保管や調理器具の洗浄などと同じように、とても大切なのです。例えば床が汚れていたら、人が歩き回る度に細菌が飛び散る可能性が高くなります。それと同時に、二次汚染の確率も高くなりますね。そして、床と壁の境目などに、食べ物カスなどが溜まっていくと、ネズミ・害虫を寄せ付けるもとになります。また、汚れは目に見えるものだけではありませんから、特に床などは細菌に汚染されていると考えると、定期的な洗浄が大切になってくるのです。

★擦り洗いは効率がよい?
床の油汚れなどを毎日デッキブラシで擦り洗いをするのは意外と力もいるし、時間も掛かりますよね。洗剤を使って汚れを落とす時にポイントとなるのは、洗剤と汚れが接触している時間なんです。例えば汚れたお皿を、洗剤の希釈液に浸けておけば、汚れが簡単に落ちますよね。でも床や壁の場合は、洗剤が流れてしまますから、洗剤が汚れを取り込む時間が足りなくて、結果的にゴシゴシと力を加えて汚れを落とすことになるのです。でも、なんだか効率が悪いと思いませんか?

★泡洗浄にしてみると・・・
泡洗浄って、何?と思いますよね。余計に面倒なのでは?と考えてしまいます。泡洗浄とは、床と壁に泡状にした洗剤を噴霧して、10分ほど放置し、洗剤に汚れを取り込ませることで、汚れを浮き上がらせるという洗浄方法です。だから、壁・床面全体を擦り洗いしなくても、汚れが目立つところをデッキブラシなどで擦れば良いのです。また泡洗浄にすると、壁や機械の裏側、棚の下にも洗浄剤を噴霧することができるので、今まで手が届かなかった部分も一緒に洗浄ができるようになりますね。


★ お問い合わせ先 ★
☆アーテックでは『泡洗浄』に便利な泡洗浄タンクの取り扱いを始めました!!   興味のある方はお気軽にフリーダイヤルにお問い合わせください!!
お問い合わせはこちらまで・・・
フリーダイヤル 0120-842-581
フリーファックス 0120-842-860


☆自慢のレシピ☆
今回は病院様からの自慢のレシピです。

♪ むきがれいのタルタル焼き ♪

材料 *一人前(g)*

  • むきがれい 80
  • 塩、胡椒 少々
  • パン粉 少々
  • 粉チーズ 少々

-A-

  • ゆで卵 30
  • 玉葱 5
  • ピクルス 5
  • パプリカ赤 5
  • マヨネーズ 15

<作り方>

  1. むきがれいに塩胡椒を振り、軽く焼く。
  2. Aを合わせ、魚の上にのせ、パン粉 粉チーズを振り、焦げ目がつくくらい焼く。

コメント: 彩りが綺麗で柔らかいので子供から高齢者まで人気のメニューです。簡単で大量調理にも向いています。

★自慢のレシピを送ってくださった皆様、本当に有難うございます!
★引き続き自慢のレシピを募集しております。

[print_link]




バックナンバーはこちら

« »