Vol.157 食中毒予防と食欲増進効果のある食材について

皆様お元気ですか?さわやかな季節ですが、湿度がだんだん高くなってきたようです。もうすぐ梅雨入りですね。蒸し暑くなったりすると、食欲がなくなったりしませんか?でも、ここで食生活をしっかりさせないと、梅雨から夏にかけてバテちゃうんですよね。そこで、今回は「食中毒予防と食欲増進効果のある食材について」取り上げてみました。


★ 「食中毒予防と食欲増進効果のある食材について」 ★

◆梅・梅干◆
梅干のpHはすっぱいもので2.0、梅肉エキスでは1.4です。酸に強いと言われる病原性大腸菌O157はpH2.5にも耐えて増殖するといわれていますが、梅干のほうが酸性が強いですね。また、梅の酸味の成分でもっとも多く含まれている「クエン酸」は、疲労回復にも有効ですし、梅の酸味で食欲も増進します。今からの季節にピッタリの食材ですね。

◆シソ◆
シソには独特の香りがありますが、その成分の大半はペリルアルデヒド(シソアルデヒド)と呼ばれるものです。ペリルアルデヒドは抗菌作用や防腐効果があり、食中毒を予防する働きがあります。よくお刺身にシソが添えられていますよね。その他にも食欲増進や整腸作用もあります。また、このペリルアルデヒドは細かく刻むとさらに効果が引き出されるそうです。

◆クレソン◆
クレソンにはシニグリン配糖体という成分があり、食欲増進と消化吸収を助ける効果がありますので、食欲がないときにはピッタリな食材ですね。そして、シニグリン配糖体には強い殺菌作用がありますので、食中毒予防にも効果的です。また、口臭予防効果もあり、葉をよくかんで食べると、口の中がすっきりとするそうです。

◆緑茶(カテキン)◆
カテキンというのは最近よく聞きますよね。1996年に昭和大学の研究グループによる実験結果が発表され、新聞などでも報道されましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?このカテキンにはコレラ菌や赤痢菌、腸炎ビブリオ、そしてO157にも殺菌効果があるのです。食中、食後などに普通にお茶を飲んで入れば、食中毒予防に効果があるとのこと。ウーロン茶、紅茶にも同様の効果があるそうです。O157は5月から10月にかけて発生しやすいようですので、お茶を飲むことを心がけると良いかもしれません。

◆他にも・・・◆
大根、生姜、わさび、にんにく、酢なども殺菌作用が知られていますね。この食品を食べれば食中毒にならない、というわけではありませんが、今からの季節を元気に乗り切るために上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?


☆自慢のレシピ☆
今回は保育園様からの自慢のレシピです。

◆ ムキガレイのフレーク揚げ ◆

< 材料 *一人前(g)>

  • カレイ切り身 40g
  • 塩胡椒 少々
  • 醤油 0.5g
  • 生姜 0.5g
  • ゴマ油 0.5g
  • 片栗粉 1.5g
  • 卵 4g
  • スライスアーモンド 3g
  • チョコフレーク 3g

<作り方>

  1. カレイ切り身に下味をつける。
  2. アーモンドとチョコフレークをまぜこれを衣につかう。
  3. カレイの切り身に片栗粉をまぶし、とき卵をつけ、最後に②の衣をまぶす。
  4. 油で揚げる。

コメント: フレークをつける時少しだけ砕くと衣が付きやすいです。
油で揚げる時、高温であげるとフレークが焦げるので中火から高温であげるのがコツです。食べた感じはほんのり甘く、みためはチョコフレークとはわからないぐらいです。
お誕生会で出したところ、とても好評でした。

★自慢のレシピを送ってくださった皆様、本当に有難うございます!
★引き続き自慢のレシピを募集しております。

[print_link]




バックナンバーはこちら

« »