vol.194 感染性胃腸炎急増中!!

朝起きると、「さむ~い!!」といっては、お布団に逆戻り・・・。なんてことありませんか? 初雪、初霜なんて言葉を聞くと、よけいに寒いような気がしてしまいます。寒い時は、ぬるめのお風呂でゆっくり体の芯まで温めてあげるといいそうですよ。ついつい熱いお風呂に入ってしまいますが、体の表面だけが熱くなるだけで、芯まで温まらないそうです。ゆっくりとお風呂に入って、一日の疲れをとる時間も大切にしたいですね!

★感染性胃腸炎急増中!!
今年はノロウイルスによる感染性胃腸炎が多発しています。ほぼ毎日のようにノロウイルスによる食中毒、感染性胃腸炎のニュースが入ってきます。今年は、感染性胃腸炎は平年よりも4倍から6倍と急増している地域もあるそうです。毎年11月、12月はノロウイルスによる食中毒が多い月でもあります。少しでも症状が現れたと思ったら、すぐに医療機関で診察を受けましょう。

予防をしっかり!~毎日の習慣にしましょう~
ノロウイルスによる感染を防ぐためには、基本をしっかりと習慣付けることが大切です。
①調理前の手洗いは石鹸を使ってしっかりと!手洗い後には、消毒をしましょう。
②食材はきちんと加熱する。
③生鮮食材(野菜果物)は十分に洗浄する。
④生で提供する野菜類や加熱後の食材を扱うときには使い捨て手袋を着用する。
⑤トイレを使用したら、手洗いをする。白衣・調理衣を着たままトイレを使用しないこと!
⑥ドアノブなど、手を触れるところの洗浄・消毒を忘れずに!
⑦まな板の上での交差汚染に注意すること!食材が変わるときにはまな板を変えるか、十分に洗浄・消毒をする。

◆感染性胃腸炎とは
感染性胃腸炎とは、病原性の微生物(腸炎ビブリオ、サルモネラ、病原性大腸菌、ノロウイルス、ロタウイルス)が口から胃腸内へ入って増殖し、発症する病気です。症状としては発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛などです。

◆バックナンバーあります!!
バックナンバーvol.167でも「ノロウイルス」について取り上げております。
お手元にない方はFAXをさせて頂きますので、お気軽にご連絡ください!

☆自慢のレシピ☆
今回は病院給食様からの自慢のレシピです!

◎ 野菜ハンバーグ ◎
材料 (1人前/g)

  • 合い挽きミンチ 40
  • 豆腐 20
  • キャベツ 20
  • パン粉 5
  • 玉葱 20
  • 卵 5
  • 塩 0.5
  • 油 3
  • ソース 10
  • ケチャップ 20

<作り方>

  1. 玉葱はみじん切りにし炒めてから、冷ましておく。
  2. キャベツは細く切ってゆで、水を絞る。
  3. ボールにひき肉 ①②と水を切った豆腐と残りの材料を加え混ぜあわせて、  形を整えて焼く。
  4. ケチャップソースをかけて出来上がり。

投稿者コメント:この材料でメンチカツや煮込みハンバーグができるのでメニューの幅が広がります。味も野菜の甘味が出てみんなに喜ばれます。

★自慢のレシピを送ってくださった皆様、本当に有難うございます!
★引き続き自慢のレシピを募集しております。




バックナンバーはこちら

« »