vol.170 「光ギンテック」ついて

先日テレビニュースで、切っても果肉部分が変色しないリンゴというのを見ました!お弁当に入れるのに、塩水に漬けたりしなくていいから楽チン♪と思ったのに、流通するのは5、6年後とか・・・。お弁当、作らなくなっているかも(^^ゞ でも、いろいろな加工食品が発売されるかもしれないと思うと、楽しみですね!

 

アーテックでも過去に2度、話題に取り上げたことがあるのですが、「光ギンテック」という言葉を聞いたことありませんか?
でも、どのように使うと良いのかよく分からなとか、現在どのようなところで活躍しているのか、意外と分からないことがありますよね??

☆殺菌?抗菌?
「抗菌」とは、菌の増殖を抑える働きがあるということで、「殺菌」とは、細菌を殺すことですよね。
例えば、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムで「殺菌」をしても、効果は数時間です。ドアノブ等を1日1回中性洗剤で拭いてから、アルコール消毒などをしても、数時間経てば手に付いた細菌が付着して、増殖する可能性があります。ドアノブは不特定多数の方が触る可能性のある部分です。厨房で働く人以外に、業者さんが触るかもしれません。せっかく清掃・殺菌消毒を心がけていても、持続性がないと思うと神経質になるばかりで、あまり効率が良いとは思えませんよね?
そのような部分に、手軽に抗菌できるのが「光ギンテック」なのです!
☆例えばこんな所・・・

  • ゴミバケツ・・・生ゴミなどを入れるゴミバケツは細菌の温床となりやすい部分。洗浄後にアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒をしても、気付いたら菌が繁殖しているかも?
  • トイレ内・・・トイレは細菌やカビの温床となっていることが調査で明らかになっています!清掃時に細菌が飛び散る可能性もあり、思わぬ部分が汚染されているかも?
  • 厨房機器のハンドルや取っ手など・・・「私」は手を洗ってから触るから大丈夫!なんて思っていませんよね?不特定多数の人が触る部分は、油断禁物!

☆ お知らせ ☆
光触媒についてのバックナンバー(vol.81・82)がお手元にない方、光ギンテックスプレーに興味がある方は、是非フリーダイヤルまでご連絡ください。
新たに取り扱いを始めた光ギンテックスプレー「delfino 00」シリーズは救命救急の現場でも感染予防に活躍していますよ!
フリーダイヤル  0120-842-581
フリーファックス 0120-842-860

 

☆自慢のレシピ☆
今回は学校給食センター様からの自慢のレシピです。

☆ 玄米ごはん(三分) ☆
<材料 1人前(g)>

  • なす 40
  • 焼油 適量
  • 牛ミンチ 15
  • 玉葱 30
  • 人参 10
  • ケチャップ 7
  • トマトピューレ 5
  • デミグラスソース 5
  • 塩 0.1
  • 胡椒 0.03
  • とろけるチーズ 12
  • アルミカップ

<作り方>

  1. なすは7mmの幅に輪切りにし、水に漬けてあく抜きをし、水気を切ってから油をひい た天板に広げて焼く。
  2. 牛ミンチを空炒りし、みじん切りにした玉葱、人参を加え柔らかくなったら調味料を 加え、ミートソースを作る。
  3. アルミカップになす、ミートソース、とろけるチーズの順に入れオーブンで焼く。

投稿者コメント:野菜嫌いになる子が多く、中でもワースト3に入るなす。
この献立なら嫌いななすでも良く食べてくれます。

★自慢のレシピを送ってくださった皆様、本当に有難うございます!
★引き続き自慢のレシピを募集しております。

[print_link]




バックナンバーはこちら

« »