Vol.358 厨房を綺麗にして2020年はじめましょう!

アーテックの都築です!わたしは4月からアーテックで新社会人としてデビューして、本当に12月まであっという間でした。
あと一週間もすればクリスマスですね。そして二週間後には2020年を迎えます。来年はもっと皆さんの楽しめるクラブニュースがつくれたらいいなと思います。そのためにも、感想や知りたいこと、普段の皆さんの仕事でのお困りごと(愚痴)笑、などあればなんでもファックスやメールでご意見・ご相談いただけたら嬉しいです。クリスマスプレゼントだと思って歓喜して受け取ります。お待ちしております!

★☆厨房を綺麗にして2020年はじめましょう!☆★

いよいよ年末も近くなってきたので、そろそろ厨房の大掃除をしようかというところもあるかと思います。
今年一年を振り返りながら、ご苦労様という気持ちで綺麗にしてあげたいですね。厨房の掃除のポイントを厨房コンシェルジュのアーテックよりお届けします!

■冷蔵庫・食料保管庫

【棚板などの外せる部品】
やわらかいスポンジに石鹸をつけて洗った後、200 ppm程度の次亜塩素などに漬けておき、その後水洗いをして良く乾かして戻す。
【外せない部品や庫内】
固く絞ったふきんで汚れを拭き取る。こびりついた汚れには、中性洗剤液を含ませたふきんで拭き、その後よく水拭き・から拭きをする。
【ドアパッキン】
歯ブラシや硬く絞った布で拭く。落ちにくい場所はクリームクレンザーを使い汚れを落とす。
下部は特に念入りに!左手でパッキンを押さえ、凹凸をなくすと拭きやすくなります。ドアパッキンの汚れを放っておくと、カビや臭いの原因になるだけでなく、パッキンが傷んで冷気が洩れる原因になってしまいます!
【仕上げ】
庫内や、ドアパッキンの仕上げとして、次亜塩素か消毒用アルコールを含ませた布で拭きあげる。また、冷蔵庫や食料保管庫の上など自分の目線より上の部分も忘れたくない箇所です。埃や油などの汚れが落下して食材に混入し、異物混入の原因につながる恐れがあります。また、放熱部分が上にある場合もあるので、害虫や浮遊細菌の温床になっている可能性もあります。
大掃除に思い切って掃除しましょう!

■油汚れ

【フード・フライヤー】
油汚れにはアルカリ系の洗剤を使って、酸性である油汚れを弱アルカリ性であるアルカリ洗剤で中和して落とす。
安心安全なものだと“重曹”もアルカリ性です。油汚れに効果がある他、生ゴミなどには消臭効果もあるので重曹もおすすめです。

■食器棚にしまっていた、しばらく使っていない箸や食器類

「きちんとしまっていても、しばらく使っていなかったものが保健所の監査での菌検査で雑菌が付着しているという結果が出た…」ということをお客様から弊社の営業が伺ったことがあったそうです。
しまったままの食器や調理備品も、長期間使用していないものは再度洗浄し、雑菌の繁殖を防ぎましょう!

大掃除では普段より強い次亜塩素やアルカリ洗剤を扱いますので、手袋の着用をして作業しましょう!
その際、ハンドクリームを塗り、綿手袋をした上からゴム手袋をすると、手のパックにもなり手荒れ対策もバッチリです!是非お試し下さい!一年間酷使したご自身の手も、ぜひねぎらってあげてください。

★アーテック倶楽部ニュース メール版★

アーテック倶楽部ニュースにメール版があるのはご存知ですか?メール版では手軽に読めることはもちろん、原稿のPDFも一緒にお送りするので、保存用、掲示用、配布用のコピーや、データとして保存できるのでおすすめです。FAXからの変更や、メール版も一緒に購読されたい方はお気軽にお問い合わせください!

 印刷用ページはこちら




バックナンバーはこちら

« »